日記

主人との気持ちのすれ違いで家出を考えるように

主人との気持ちのすれ違いで家出を考えるように

(公開: 2014年11月29日 (土)

私たちは、恋愛結婚で本当に仲が良く皆が羨むような夫婦だったと思います。そんな主人の帰りがだんだんと遅くなり、携帯電話も隠すようになり、なんとなく怪しい感じの日々が続くようになりました。主人は相変わらず優しく、休日はいつも通り2人で出かけたりしていましたが、私の気持ちの中で、主人への不信感がどんどんつのり始めました。そんなことを考えているので、主人の私に対する気持ちと、私の主人愛の気持ちがすれ違いだし、なんとなく私の方からぎくしゃくするようになりました。こんな状態が続くのであれば、家出をしたいと思うようになりました。 家出人捜索願い 神奈川

最も嫌な事例

最も嫌な事例

(公開: 2014年10月14日 (火)

破産手続きを検討する人で自分の借り入れにあたりその保証人となる人が存在する場合は、あらかじめ連絡をしておいたほうがよいでしょう。

 

もう一度、改めてお話ししますが借金に保証人を立てている場合は破産手続き前にきちんと考える必要があります。

 

破産手続きを出してOKが出ると保証人となる人があなたの借金をまとめて支払う義務があるからです。

 

なので、破産宣告をする前に保証人となる人にその経緯や今の状態を報告しお詫びをしなくてはなりません。

 

これらのことはあなたの保証人からすると当たり前のことです。

 

みなさんが破産の申告をすることで、まったなしに多額の負債が生じてしまうのですから。

 

そうして、それからの保証人となる人の取れる手段は以下の4つです。

 

まず、保証人である人が「すべて支払う」ということです。

 

保証人となる人がすぐにでも数百万もの負債をいともなく返済できるようなカネを所有していればそうすることが可能です。

 

でもその場合、あえて破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えを依頼して自身は保証人となる人に定期的に払っていくという手順も取れると思われます。

 

また保証人が自身と親しい関係にある場合などは、いくらかは返済期間を繰り延べてもらうことも問題ないかもしれません。

 

いっぽうひとまとめにして返金が不可能な場合でも、ローン業者も相談で分割による支払いに応じる場合も多いです。

 

その保証人にも自己破産を行われてしまうとカネがなにも弁済されないリスクを負うことになるからです。

 

もし保証人があなたの負債を代わってまかなう財産がなければあなたとまた同じようにある中から借金の整理を選択しなけばなりません。

 

2つめは「任意整理」を行う方法です。

 

これは債権者側と話す方法で、5年以内くらいの時間で完済をめざす形を取ります。

 

弁護士などにお願いする際の経費は債権1件につきおよそ4万円。

 

もし7社からの契約があるとしたらおよそ28万円かかることになります。

 

また貸方との交渉は自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが知識がない素人の場合相手側が自分に有利な条件を提示してくるので、注意する必要があります。

 

また、任意整理で処理するとしてもお金を負ってもらうわけなので、あなたは長くかかるとしてもその人に返済を続けていくべきでしょう。

 

3つめは保証人である人も返せなくなった人といっしょに「破産を申し立てる」という選択です。

 

保証人も返せなくなった人と同じように破産申告すれば保証人の負債も返さなくて良いことになります。

 

ですが、保証人がもし株式などを持っている場合はそういったものを没収されますし資格制限がある業務に従事しているのであれば影響がでます。

 

次の個人再生を活用するといいでしょう。

 

最後の方法の4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」方法についてです。

 

マンション等の不動産を処分せず負債整理をしたい場合や破産申し立てでは資格制限にかかる職務に従事している方に有効なのが個人再生制度による整理です。

 

この方法なら住居する不動産は処分しなくてもよいですし、破産手続きのような職種の制限、資格に影響する制限が何もありません。

 


マンション保有

マンション保有

(公開: 2014年10月14日 (火)

民事再生という選択肢は住宅ローン等を含む多重の債務に陥っている債務者をターゲットに、マイホームを維持しながら経済面で再生するための法的機関を通した道として適用された解決方法です。

 

この法律には、自己破産とは異なり免責不許可となる要件がないので、投機などで債務が増えた場合においても民事再生手続きは取れますし破産をすれば業務不可能になりかねない業界で給与を得ている人でも民事再生手続きは検討できます。

 

破産手続きではマンションを保有したままにすることはできませんし任意整理や特定調停などでも借金の元金は返済していくことが求められますので、住宅ローンも払いつつ払っていくのは現実として困難だと考えられます。

 

しかしながら、民事再生という方法を選択できれば住宅ローンなど以外での借金については多くの場合において減ずることも可能なためある程度余裕に住宅ローンを支払いつつ他の債務を返していくことも可能ということになります。

 

しかしながら、民事再生による解決は任意整理による処理特定調停といった手続きと違いある部分だけの借金だけを除き処理することは考えられませんし破産手続きに適用されるように借り入れ金自体が消えてしまうのではありません。

 

それから、別の手続きと比較しても手順が複雑で期間もかかりますので、住宅のためのローンがあって住んでいる家を維持していきたい場合など以外の自己破産等といったそれ以外の方法がない時の最終的な解決策としておいた方がいいでしょう。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。